太陽光発電の仕組みは?

再生可能エネルギーって何?


太陽光発電は再生可能エネルギーを利用する発電システムと言われていますよね。この再生可能エネルギーと言うのはどのような意味を持つのかご存知でしょうか。
太陽の光は地球に降り注いでいますが、このエネルギーは大地を温め、植物を成長させるなどの大切な役割がありますが、太陽のエネルギーはソーラーパネルに降り注ぐと電気エネルギーに変換すると言う再生が行われる事になります。
この事からも、太陽発電と言うのは再生可能エネルギーを利用するシステムであり、太陽の光がエネルギー源となり、電気エネルギーと言う別のエネルギーとして再生が行われているのです。
また、太陽エネルギーを電気エネルギーに直接変換するため、環境にも優しいと言うメリットがあります。


発電に必要な設備とは?


太陽光発電は屋根の上にソーラーパネルを設置する事で電気エネルギーに変換が行われ、家の中で利用する電気を作り出せます。しかし、ソーラーパネルで発電した電気は直流電源で、そのままでは住居内の電化製品に使えないため、パワーコンディショナーを使って直流電源を交流電源に変換をします。複数のソーラーパネルを設置する事になりますが、ソーラーパネルからの電気は直接に接続をするため、接続箱を使って電気を加算して行くのです。
これは乾電池を直列に接続しているのと同じで、ソーラーパネルの数が多くなるほど電圧が大きくなります。
尚、太陽光発電には発電効率がありますが、太陽の光を100とした時に変換する電気エネルギーの割合を発電効率と言います。