太陽光発電はどこでもできる?

年間の日照時間などを調べておく


美人が多い地域が太平洋側よりも日本海側に集中しています。秋田美人、金沢美人、博多美人などです。これらの地域はあまり日照時間が長くないため、日焼けしにくいからとされています。美人を生み出すにはいい環境ですが、太陽光発電をするにあたっては少し問題が出てきそうです。太陽光発電を設置するとき、日照時間がどれくらいあるかを調べておく必要があります。
将来の気象のことは完全には予測できませんが、過去のデータなどからある程度はわかります。日照時間があまりないと、その分発電が出来なかったり、弱かったりします。発電量が投資に見合うだけ得られないこともあります。地域としては十分あっても、設置する位置によってうまく発電できないこともあるので、事前に調べるようにしましょう。


既存住宅の屋根の強度が十分か


新たに新築する住宅の場合、太陽光発電を設置したい人が多いこともあって、それを想定して設計をすることがあります。太陽光発電をするには装置を屋根に設置する必要があります。パネルなのでそれほど重くなさそうに見えますが、風などでは簡単に飛ばないようになっています。それなりの重さがあります。既存の住宅などで新たに設置をしたい場合がありますが、その時は事前に屋根の強度が十分あるかのチェックをしなければいけません。
日本家屋では瓦が使われていることがあり、屋根の部分の負担が大きいことがあります。そうなると設置が難しいこともあります。屋根を瓦以外の軽い素材のものにすれば、設置することもできます。強度をチェックしたうえでの設置が必要になります。